精力の付く媚薬の副作用

媚薬とは性的興奮を高めたり、精力の付く薬や食品のことです。歴史は古く、数千年を渡って、現在でも伝わっています。媚薬の副作用はアンケートデータ分析によると、もし、媚薬を服用する際には説明書の指示に従って、媚薬の副作用が発生率が低いですが!その症状も一時的、軽微な症状です。説明書の指示に従わなくて、媚薬を使用すつと、媚薬の副作用の可能性があって、体の具合が悪くなる可能性が存在されています。また、個人差がありますので、人の体に影響する程度も症状も違ってきます。

過剰摂取により作用が強まって体の不調につながる場合があります。

興奮作用のある成分を多量に摂取すれば神経過敏となってイライラや不安が増幅し、カフェインを多量に摂取すれば睡眠障害にもなります。

その他にも、以下のような副作用がしばしば見られます。

頭痛 / 手足の痛み / 食欲減退 / 体重低下 / 関節痛 / かゆみ / 脱毛 / 色彩感覚の異常

もしこういった症状が現れた場合は媚薬が体に合っていないかも知れないので、使用を中止して様子を見ましょう。

楽しい性生活は健康な体あってのものです。

無理に体を壊すような事はせず、ご自分の体にあった媚薬を正しい用法・容量で飲むようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です